サブメニュー

消費者金融か低金利のローンか

消費者金融でキャッシングを利用するか、低い金利となる金融機関のカードローンを利用するか、どちらが正解なのでしょうか。

 

一昔前に比べれば消費者金融に対するイメージは悪くはなくなりましたが、それでもやはり消費者金融から借りているのはマイナスの印象をもたれてしまうものです。銀行からの借り入れならそこまで印象も悪くはなりづらいですが、それだけで決めて良いのかも微妙なところです。

 

 

借りるのは自分である

周りのイメージを気にするあまり、借り入れ先を絞りすぎるのはよくありません。借りるのは自分自身であり、お金を借りていること、キャッシングを利用していることはいちいち周囲には言いふらしませんんし、貸金業者も金融業者もプライバシーには配慮をしてくれます。

 

イメージだけを気にして借りようとすると、身の丈に合わない業者への申し込みをしてしまい、審査に落ちて結局はお金が借りられない場合もあります。また、本当はすぐに必要なのに、借り入れまでに時間のかかる金融機関で手続きをしてしまったがために、契約は数週間後になってしまうような状況もあります。

 

お金を借りるのは自分自身であるとしっかりと認識し、自分に合う借り入れ先を選ぶことが大切です。目的に合う借り入れ先なら、消費者金融も銀行もどちらも優れた借り入れ先と言えるのです。より優れた消費者金融を選ぶなら、多くの借り入れ先で比較が出来る消費者金融を一覧で見るから良いところを見付けましょう。

 

今日中にお金を用意したい場合には

急な出費などで今日中にお金が必要になったのであれば、やはり消費者金融の最短即日融資のキャッシングが便利です。最近では店舗にも契約機にも行かずに当日中に借りられる消費者金融も増えており、一部の利用先においては24時間振り込み対応をしているところもあります。

 

通常では来店不要のキャッシングとなれば銀行振り込みのため、平日の昼間に限られます。しかし、プロミスの瞬フリと呼ばれるサービスを使うと、24時間最短10秒でお金を振り込んでくれます。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録する必要がありますが、何れかの口座があれば曜日関係なく来店不要で借りられるので、大変便利です。

 

ただ、プロミスの瞬フリは利用にあたっての注意点がいくつかありますので、プロミス公式サイトで確認をするのはもちろんですが、様々な情報がまとめられているプロミスで1時間で借りるためにはを見ておくと役立つでしょう。

 

速やかな返済が次に繋がっていく

キャッシングは速やかな返済を行っていくことで、会社側の信頼を得られるようになります。信頼というものはサービスの向上につながる部分が多くなり、利用できる限度額を増やしたり、金利を多少優遇する等のサービスを受けることができます。出来る限り早めに返済を行って、いい条件を手に入れるといいです。

 

早い返済は他の会社でも有利に繋がっていく部分があります。信用情報に返済したことが記載されるため、他の会社もその人の良さを感じてくれるのです。返済が早いようなら利用できる状態にしてもいいと判断してくれるので、審査の時に有利となります。返済が遅くてもいいですが、その分見方は変わってしまうということです。

 

同じ会社を利用するのもいいですし、別の会社に変更するのも1つの方法です。その時には以前の会社の返済状況が重要であり、返済が早いほど審査にプラスとなってくれるのです。マイナスになるような情報は1つでも駄目ですが、プラスの情報は大量に掲載されていても大丈夫です。その分だけ効果を持たせてくれます。

 

キャッシングはつい返済を遅くしてしまいがちですが、早めに返済してメリットを作っておくことが、次の利用へと繋がっていく部分となります。

 

返済を早く済ますのは基本となる

消費者金融でも銀行でも、返済を早くに済ませるのは基本となります。各ページでまとめている信用金庫のカードローンにしても、返済はなるべく早めに済ませるようにしたいものです。

 

銀行は消費者金融に比べると金利が低いため、返済をだらだらと進めてしまう方もいます。しかし、支払いを長引かせればそれだけ利息負担が増えますので、早くに返せるなら早めに支払っておくべきなのです。